ここから本文です

Snapchat対応メガネ型カメラ「Spectacles」、欧州でも販売

6/5(月) 12:40配信

CNET Japan

 欧州の主要都市に現地時間6月2日午前、目を引く黄色の自動販売機、通称「Snapbot」が出現した。

 ソーシャルメディアアプリ「Snapchat」に対応するメガネ型デバイス「Spectacles」がついに欧州へ進出した。現在はロンドン、パリ、ベルリン、バルセロナ、ベネチアでも購入可能となっている。

 Spectaclesは2016年に発売され、米国の複数都市に設置されたSnapbotには、製品を入手したいユーザーが殺到し、列をなした。Snapchatユーザーは、装着したメガネ型デバイスで撮影する動画を、自身のスマートフォン経由で直接配信できる。Spectaclesは流行最先端のクールなアクセサリとして、熱望する声が各国に広がっていた。

 それが今回初めて、米国外でも入手可能となった。

 事前に予告されることもなく、Snapbotはロンドンの観覧車「ロンドン・アイ」やパリのエッフェル塔前のボート、ベネチアの運河、バルセロナの海沿い、ベルリンのアスレチック施設といった観光名所に出現した。

 Snapbotはまた、英国、フランス、ドイツ、スペイン、イタリアの「意外な場所」にも登場する予定だ。新しいSnapbotは通常、24時間前にカウントダウンタイマーと共にSpectacles.comの地図で予告される。

 米国に加えて、オーストリア、ベルギー、デンマーク、ドイツ、スペイン、フィンランド、フランス、アイルランド、イタリア、オランダ、ノルウェー、スイス、スウェーデン、英国のSnapchatユーザーは、オンラインでもSpectaclesを購入できる。価格は129.99ドル(129.99ポンド、149.99ユーロ)で販売されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

最終更新:6/5(月) 12:40
CNET Japan