ここから本文です

【大学選手権】九産大・草場、やる気なし!?でも150キロ出た

6/6(火) 7:03配信

スポーツ報知

◆報知新聞社後援 第66回全日本大学野球選手権第1日 ▽1回戦 九産大12―4日本文理大(5日・神宮)

 大学日本一を争う熱戦がスタートし、1回戦7試合が行われた。最速152キロのドラフト候補右腕・草場亮太(4年)擁する九産大(福岡六大学)などが2回戦に進出した。

 九産大の今秋ドラフト候補の最速152キロ右腕・草場亮太が、やる気なし投法で4年連続初戦突破に導いた。初の神宮のマウンドで力みを抜き、「やる気がないように」腕を振って、6回7安打4失点。「球速150キロが出なかったら、(大久保哲也)監督に怒られる。(3回に)1球出た」と胸をなで下ろした。ヤクルト・小川SDは「ゲームをつくる能力にたけている。1位の12人に入る可能性はある」と評した。

最終更新:6/6(火) 14:23
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/25(日) 8:10