ここから本文です

アイティーエム、M&Kの標的型攻撃メール訓練サービスを提供

6/6(火) 13:20配信

BCN

 アイティーエム(村上宗久社長)は、M&K(小西正記代表取締役)が提供する標的型攻撃メール訓練サービス「Security Blanket MT」を6月1日に発売した。

 今回、アイティーエムは、標的型攻撃メールを受け取ったときの対応方法をあらかじめ訓練できるサービスとして、Security Blanket MTの提供を開始する。Security Blanket MTは、これまでの標的型攻撃メール訓練サービスと比較して、機能を絞ることでリーズナブルな価格設定としながら、「バラマキ型」と「やり取り型」の2つの攻撃手法に対応している。また、メール本文作成から添付ファイルの内容まで自由に作成できるほか、送信間隔や送信方法(Zip暗号化など)を選択できる。

 価格は、SaaS型が44万円から(基本料金、アカウント数、実施回数による)、オンプレミス型が200万円から(アカウント無制限。サーバーリース費、オンラインセットアップ費による)。

最終更新:6/6(火) 13:20
BCN