ここから本文です

ヴェンゲル、「後悔の一つは...」とユナイテッドMFを獲得できなかったことに自責の念

6/6(火) 11:26配信

GOAL

アーセン・ヴェンゲル監督は、アーセナル指揮官としての後悔の一つにマイケル・キャリックを獲得できなかったことを挙げている。

マンチェスター・ユナイテッドに10年以上在籍するキャリックの顕彰試合が4日にオールド・トラッフォードで行われた。アーセナルは2004年に同選手の獲得に強い興味を持っていたようだが、最終的にノースロンドンのライバルであるトッテナムが契約を勝ち取っていた。当時を振り返ったヴェンゲル監督は、キャリックのファンだと認め、同選手をチームに加えたかったと感じているようだ。

フランス人指揮官はクラブの公式ウェブサイトで「私はマイケルに最大級の賛辞を送りたい。彼はもっと称えられるべき選手だ」とユナイテッドMFを称賛している。

続けて「後悔の1つは彼を獲得できなかったことだ。なぜなら彼はイングランドのフットボール界で偉大な選手の1人だと思う。彼は称賛されるべき選手であるものの、常に評価され続けた選手ではなかったように思う。でも私個人はマイケルの大ファンだ。彼の将来を願っている」と後悔の念を述べた。

GOAL

最終更新:6/6(火) 11:26
GOAL

スポーツナビ サッカー情報