ここから本文です

ベガコーポレーションの越境ECモール、複数店舗の商品をまとめて決済・配送が可能に

6/6(火) 10:01配信

ネットショップ担当者フォーラム

ベガコーポレーションは6月1日、越境ECプラットフォーム「DOKODEMO(ドコデモ)」の配送と決済に関する新たなサービスを開始した。

海外ユーザーが複数のショップで商品を買った場合、すべての商品を一括で決済し、荷物をまとめて配送できるようにした。従来はショップごとに配送や決済を行う必要があった。

決済の利便性を高めるとともに、一括配送によりユーザーの配送費負担を軽減し、サービスの利用拡大を図る。

「ドコデモ」は日本国内の商品を輸出免税価格で海外に販売する越境ECプラットフォーム。2015年秋にスタートした。

英語、簡体字、繁体字、韓国語、日本語に対応しており、配送国は日本郵便が配送可能な国と地域。 2017年3月までに約50の国と地域に向けて商品を販売した。現在の取扱商品数は約7万4000点。新サービスの開始にともない、6月1日付で「ドコデモ」のロゴを変更した。

今後、出店企業数の拡充やプロモーション施策の向上などに取り組む。

ベガコーポレーションは家具のネット通販大手。2017年3月期の売上高は前期比31.4%増の109億6000万円、最終利益は同120.2%増の7億8600万円だった。