ここから本文です

武尊、ロシアからの刺客と「打ち合いに行く」

6/6(火) 19:42配信

イーファイト

 6月18日(日)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナにて開催の『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント~』に出場する、K-1 WORLD GPフェザー級王者・武尊(KREST)が6月6日(火)神奈川の所属ジムで公開練習を行った。武尊はスーパーファイト(ワンマッチ)でSKFOフェザー級王者ブバイサ・パスハエフ(ロシア)と対戦する。

【フォト】これがパンチ力を生み出す武尊の肉体美

 2分1Rのミット打ちを披露した武尊は、迫力満点のパンチ、ミドルキック、ヒザ蹴りを繰り出し、ミットを持つ渡辺雅和KREST代表を壁際に追い詰めてのラッシュを見せた。

「追い込みもラスト1週間。疲れがたまっていますが、前回の試合から感覚が短く、試合が終わって足の怪我があったので1週間だけ休んで、すぐに追い込みに近いくらいの練習を再開しました」と武尊。前回の好コンディションが続いている様子で、「調子は凄くいい」と笑顔を見せた。

 対戦するバスハエフについては「ロシア人特有の身体の強さ、攻撃の硬さがある。パンチャーですが蹴りもけっこう出来る」との印象を語り、「パンチが硬そうなので一発もらったら効いてしまうかもしれないし、目が腫れるかもしれない」と、その攻撃力にはかなり警戒しているという。

 しかし、「さいたまスーパーアリーナでやる一発目の大会なので、どうしてもKO勝ちしたい。パンチをなるべくもらわないようにしますが、どこかでスイッチが入ったら打ち合います。僕は試合でスイッチが入らなかったことはないので」と、KOするためにどこかでリスクを背負って打ち合いに行くと語る。

 相手がロシア人選手ということで、「どの格闘技を見てもナチュラルで強いイメージ。有名な選手も多いですよね。そういう選手と戦えるのは格闘家として嬉しいし、昔のK-1で活躍したアルトゥール・キシェンコ選手のジムの選手じゃないですか。その世代の見ていたので、その選手が送り込んでくる選手と戦えるのが嬉しいし、乗り越えたいと思う」と、格闘技強国の選手と戦うことで気合いが入っているようだ。

 そして、「自分が一番目立つ。ただ勝つだけではなく武尊が最高で最強だと、見た人に思ってもらえる試合が出来る練習をしています。K-1が面白いと思ってもらうためにはやっぱりKO勝ち。それを僕が見せたい」と、最高のKO勝ちを誓った。

最終更新:6/8(木) 19:55
イーファイト

Yahoo!ニュースからのお知らせ