ここから本文です

売れっ子りゅうちぇる SNS駆使&楽屋では日経新聞愛読

6/6(火) 11:00配信

東スポWeb

 いまやテレビ界でもっともキャスティングが難しいと言われているのが昨年、結婚したばかりのぺこ(21)とりゅうちぇる(21)の2人。特に夫・りゅうちぇるの売れっ子ぶりは半端ではない。

「以前は出演番組が数えるほどしかなかったのに昨年は一気に230番組に激増し、今年に入ってもオファーは絶えない。結婚した効果もあって既に150本近いバラエティー番組に出演している。この調子でいくと今年は500本超えは確実で出演ランキングのベスト5入りは堅いんじゃないか」(制作会社プロデューサー)

 この2人がここまでテレビ界から支持される最大の理由の一つ目は視聴率。2人が出演する番組は軒並み高視聴率を記録しているという。「そもそも潜在視聴率が高いんです。りゅうちぇるやぺこは、明石家さんまや木村拓哉に匹敵するといわれているくらい高い数字をキープしているんです」(放送作家)

 そこまで高い数字を持っている理由は、スマホやパソコンしかいじらないような層から絶大な支持を集めているからだとか。「本人たちがツイッターやインスタグラムなどのSNSを駆使していて、そこから連動して番組の視聴率をアップさせている。テレビを見ないティーンをテレビに誘導しているといわれている。数字に直結する2人は番組制作スタッフにとって宝ですよ」(前出の放送作家)

 さらに2人が制作陣から支持される理由はこれだけではないという。

「ここだけの話ですが、2人はああ見えて、ものすごい勉強家。りゅうちぇるはバラエティー番組で軽い感じで話していますが、楽屋では日本経済新聞を読み、難しい経済や政治の本などを読みあさっているんです。おバカぶりは完全なフェイクです」(前述の放送作家)。数字を持っていて、しかも知性があるとなれば、人気が出ないわけがないか。

最終更新:6/6(火) 11:09
東スポWeb