ここから本文です

クラウディアンのSDS「CLOUDIAN HyperStore」がGoogle Cloudとの連携に対応

6/6(火) 8:10配信

@IT

 クラウディアンは2017年6月5日、同社のSDS(Software Defined Storage:ソフトウェア定義型ストレージ)製品「CLOUDIAN HyperStore」で設定する自動階層化先に、Googleのクラウドプラットフォーム「Google Cloud Platform」を指定できるようにしたと発表した。オンプレミスのCLOUDIAN HyperStoreストレージと、Google Cloud上に構築したクラウドストレージを連携させて、ハイブリッドクラウド環境として活用できるようにする。

 CLOUDIAN HyperStoreは、非構造化データの取り扱いに特長を持つオブジェクトストレージ製品。数TB/3台構成からスモールスタートでき、数百PB(ペタバイト)クラスにまでスケールアウトできる。CLOUDIAN HyperStoreに標準搭載される自動階層化機能は、あらかじめ設定したポリシーに基づいて、ファイルを格納する基本単位(バケット)でクラウドストレージへデータを転送できるもの。例えば、利用頻度の高いデータはオンプレミスに、利用頻度が低くなったデータはクラウドへ、など、データの種類や目的、コストに応じてオンプレミスとクラウドのストレージを使い分けられる。

 またクラウドストレージは、DR(Disaster Recovery:災害復旧)対策に向けたバックアップやアーカイブ先にも使える。CLOUDIAN HyperStoreでは、Google Cloudへ転送したファイルのメタデータをオンプレミス側に保管する仕組みを実装。クラウド上へ移したデータも同様に迅速に探し出せるという。

最終更新:6/6(火) 8:10
@IT