ここから本文です

石垣パイン、旬入り 産地協が宣言 格安販売に人出

6/6(火) 10:18配信

琉球新報

 【石垣】「石垣島パインアップルの日」の1日、石垣市パインアップル産地協議会は石垣島パインの旬入りを宣言した。同日に市新栄町のJAおきなわファーマーズマーケットやえやま「ゆらてぃく市場」では旬入りイベントが行われ、ボゴールパインやピーチパインが格安で販売された。


 沖縄県内では8月1日を「パインの日」としているが、石垣島では旬入りが本島よりも早いため、協議会などが2016年、独自に6月1日を記念日と定めた。協議会は観光客を対象にしたイベントも実施する予定。

 即売会でパインを購入した村山千代子さん(58)は「福島県にいる妹家族に送るために買った。石垣島のパインはすっぱさが後からまろやかな味わいになって、味が外国産とは違う」と話した。

 17年度の石垣島でのパイン生産量は約1300トンを見込んでいる。

琉球新報社

最終更新:6/6(火) 10:18
琉球新報