ここから本文です

KEYTALK×アニメ「境界のRINNE」再び、首藤義勝書き下ろし曲がOPテーマに

6/6(火) 10:02配信

音楽ナタリー

KEYTALKの新曲「セツナユメミシ」がNHK Eテレで放送中のアニメ「境界のRINNE」の新オープニングテーマに決定した。

KEYTALKは過去に「境界のRINNE」第1シリーズのオープニングテーマとして「桜花爛漫」を提供しており、同アニメとのタッグは2回目。「セツナユメミシ」は首藤義勝(Vo, B)が作詞作曲を手がけ、NARASAKI(COALTAR OF THE DEEPERS / 特撮)がサウンドプロデュースを担当した。首藤はこの楽曲について「RINNEの持つ摩訶不思議でポップな世界観と、ライブで盛り上がるロックな部分をうまく融合できたと思います」とコメントしている。

さらに「セツナユメミシ」は8月30日にシングルとしてリリースされることも発表された。シングルはDVD付きの初回限定盤、CDのみの通常盤の2形態が用意され、詳細は後日改めて案内される。

またKEYTALKは明日6月7日にニューシングル「黄昏シンフォニー」をリリース。6月9日(金)にはテレビ朝日系「ミュージックステーション」で同曲を披露する。

首藤義勝 コメント
今回またこうして「境界のRINNE」のOPテーマを手がけることが出来て、RINNEのいちファンとしてとても嬉しく思います!
“セツナ”そして“ユメ”という言葉にRINNEの世界への思いを詰め込みました。RINNEの持つ摩訶不思議でポップな世界観と、ライブで盛り上がるロックな部分をうまく融合できたと思います。アニメをきっかけに、僕たちKEYTALKのことも応援してもらえたら嬉しいです!

最終更新:6/6(火) 10:02
音楽ナタリー