ここから本文です

dublab.jp×TRUNK(HOTEL)、ウォルフガング・ヴォイトのアンビエント・ライヴを開催

6/6(火) 18:16配信

CDジャーナル

 独アンビエント・ミュージックの雄、ウォルフガング・ヴォイト(aka GAS / Wolfgang Voigt)によるライヴ・コンサート・プロジェクト〈RUCKVERZAUBERUNG〉が、7月18日(火)東京・神宮前 TRUNK(HOTEL)の屋上チャペルにて、ネット・ラジオ「dublab.jp」とのコラボレーションで開催されます。

 ドイツのテクノ / エレクトロニック・ミュージックのパイオニアであり、名門レーベル「KOMPAKT」の創設者でもあるウォルフガング・ヴォイト。長年にわたってアンビエント・ミュージックの可能性を拡げてきたヴォイトによる、最新にして集大成となる〈RUCKVERZAUBERUNG〉は、映画館や劇場、教会などの空間で、静かに座って音楽に身を委ねるコンサート・プロジェクト。日本初開催の今回は、TRUNK(HOTEL)屋上のチャペルにて開催。ガラス張りの建物と緑にあふれた屋上テラスが開放感のある空間を演出します。

 共演は、KOMPAKTの人気アンビエント・シリーズ『Pop Ambient』の2017年版に同シリーズ初の日本人アーティストとして参加したYui Onodera。TRUNK(HOTEL)の音楽プロデュースも担当しているdublab.jpからDJ FunnelとHi-RayがDJを担当。映像作家のDBKNがVJでサポートします。またチャペルの音響は、この日のために田口音響による特別なスピーカー・システムを導入。

 全着席スタイルのため、チケットは80名限定で発売。詳しくは特設サイトでご確認ください。

最終更新:6/6(火) 18:16
CDジャーナル