ここから本文です

浜名湖ガーデンパークでモータースポーツイベント 2万人の来場を目標に /静岡

6/6(火) 9:28配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 浜松・村櫛の「浜名湖ガーデンパーク」(浜松市西区村櫛)で6月10日・11日、「はままつポンポンまつり」が開催される。主催はNPO法人「日本モータースポーツ振興会」。(浜松経済新聞)

 オートバイ発祥の地である浜松を全国に発信するとともに、交通安全の啓発活動の一環として開催される同イベント。一昨年は2日間で1万人を動員。昨年は2日間で約1万9000人を動員するなど、年々参加者を増やしている。

 会場では自転車や二輪車を使ったさまざまなイベントが開催され、子どもから大人まで楽しむことができる。ペダルやブレーキのない、足で地面を蹴って進む「ランバイク大会・体験」には3歳~7歳の子どもが参加。関東や関西からの参加者も多いという。ほかにも、プロの講師による指導が受けられる「キッズカート体験」や、バイクに興味を持ってもらうための「キッズバイク体験」など、子ども向けのイベントを豊富に用意する。

 大人向けには高級バイクのハーレーやMVアグスタが試乗できる「バイク試乗会」が行われるほか、今年はバイク王も参加し約30台のバイクが試乗・展示される。機動隊の練習のような、パイロン等で設定されたコースを走行し、より早く正確に走りタイムを争う競技「バイクジムカーナ」も開催する。
 
 今年から新たに、小学生以上を対象とした「チャリンコチャレンジ」を開催。22インチタイヤの自転車に乗り、スラロームを走行してタイムを競う。大人も一緒に楽しめる同競技の上位入賞者には、ホテル優待券などの賞品を用意する。

 交通安全の重要性を呼び掛けるため、自動車学校の教官の指導を受ける「二輪安全講習会」も開催。交通事故防止を目的に講習会を行い、自身の運転技術の再確認につなげるのが狙い。二輪免許所有者は、すり減ったタイヤと新品のタイヤで比較走行できるイベントも行う。

 「将来のバイクユーザーや車ユーザーに、バイク側の立場を知ってもらいたい」と実行委員の村野友紀さん。「今年は2万人の動員を目標とし、来場した方に楽しんでいただきながら交通安全意識付けもしていけたら」とも。

 開催時間は、10日=10時~17時、11日、9時~16時。雨天決行。開催するイベントのスケジュール等の詳細はホームページで確認できる。

みんなの経済新聞ネットワーク