ここから本文です

米政府、メキシコとの砂糖貿易交渉の期限を1日延長 「合意近い」

6/6(火) 7:25配信

ロイター

[ワシントン 5日 ロイター] - 米国のロス商務長官は5日、メキシコと続けている砂糖の貿易交渉で詰めの作業に時間が必要だとして、当初5日だった交渉期限を24時間延長した。

長官は声明で「双方は極めて有意義な形で歩み寄れたが、技術的な詳細部分でまだ作業が必要だ」とし、「全員から支持を得られる合意に近いと楽観している」と述べた。

未解決の課題については詳細を語らなかった。

これに先立ち、メキシコの関係筋は、米国がメキシコ産砂糖の輸入を制限する代わりに高い関税の適用を見送る案で両政府が合意したと明らかにしていた。

両政府が合意すれば、1年以上続いた対立が解消されることになる。

最終更新:6/9(金) 23:25
ロイター