ここから本文です

外来機や兵器実験配備に抗議 共産県委

6/6(火) 13:13配信

琉球新報

 【嘉手納】共産党県委の真栄里保基地対策責任者らは6日午前、嘉手納町の沖縄防衛局を訪ねて、池田眞人企画部次長に県内米軍基地へのU2偵察機暫定配備や最新兵器実験部隊の配備、相次ぐ米軍の事件・事故に対する抗議文を手渡した。池田次長は「U2配備は日米安保条約の目標達成に必要な訓練運用の一環で、撤退まで申し入れることは考えていない」と回答した。
 真栄里基地対策責任者はU2配備に伴う旧駐機場の使用について「SACO合意違反に当たらないという認識か」と追及した。池田次長は「騒音軽減イニシアチブに基づく運用を強く申し入れていきたい」と繰り返し述べるにとどめた。
 相次ぐ米軍の事件・事故について藤日佐秀管理部業務課長は「(県民に)不安と懸念を与えたことを深くおわびする。米側に(兵士)個々人の教育を徹底するよう働き掛けていきたい」と釈明した。
 瀬長美佐雄県議は「何も(米側に)守らせられない状況では、全基地撤去まで県民の声は上がる」と話し、防衛局に強い姿勢で米側との交渉に臨むよう求めた。【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:6/6(火) 13:13
琉球新報