ここから本文です

懐かしの音ゲー「スペースチャンネル5」うららがfigma化! つるつるした3DCGの質感まで塗装で再現

6/6(火) 8:10配信

ねとらぼ

 1999年に登場したドリームキャスト向け音楽ゲーム「スペースチャンネル5」。その主人公「うらら」が、アクションフィギュアシリーズ「figma」から登場します。懐かしいなあ!

【画像:ちょっとセクシーな「うきうきホワイトver.」】

 「スペースチャンネル5」はドリームキャストであらかた15年前に発売されたゲーム(後にPS2にも移植)。「figma うらら」では、当時の3DCGのつるつるした質感が、ツヤ塗装によって表現されています。謎の宇宙人「モロ星人」に合わせてダンスするうららのさまざまなポーズは、「figma」シリーズならではの可動域の広さを生かして再現できるとのこと。また眼球も動かすことができ、あらゆるポーズに合わせて視線を変えることが可能です。

 グッドスマイルカンパニーのオンラインショップで6月28日まで予約受付を行っており、発売は12月になる予定です。カラーは「うきうきホワイトver.」「どきどきオレンジver.」の2種。ともにfigma専用台座のほか、「マイク」「銃」「モロ星人」3種が付属し、価格は7800円(税込)。

 予約受付開始に合わせて、YouTube上にはフィギュア紹介動画が登場。「うらら」の録りおろし音声が収録されており、「スペースチャンネル5」ファンの方はこちらも楽しめそうです。

(C)SEGA

最終更新:6/6(火) 15:51
ねとらぼ