ここから本文です

コンチネンタル、中国EVスーパーカーメーカーと戦略的提携…EVや自動運転で協力

6/6(火) 15:44配信

レスポンス

ドイツに本拠を置く自動車部品大手、コンチネンタルは6月2日、中国のNIOとの間で、EVや自動運転などの分野における戦略的提携を締結すると発表した。

NIOは中国上海市に本拠を置くEVのスタートアップ企業。2017年5月にはEVスーパーカーのNIO『EP9』が、1周20.8kmのドイツ・ニュルブルクリンク北コースにおいて、タイムアタックを敢行。6分45秒900で駆け抜け、ランボルギーニ『ウラカン』の高性能モデル、「ペルフォマンテ」の6分52秒01を上回ったのが、記憶に新しい。

今回の提携で両社は、インテリジェントな輸送システムや自動運転、EVなどの分野で緊密に協力し、長期的な安定したパートナーシップを構築する計画。合意に基づき、コンチネンタルとNIOは、ワイヤレス充電、自動運転、デジタルコックピット、次世代ブレーキシステム、エアサスペンションシステムなどの車両技術において、さらに協業する予定。最初のステップでは、コンチネンタルはエアサスペンションシステムやタイヤなどの車両技術を、NIOの電動SUV、『ES』に供給する。

将来の自動車には、電動パワートレインが搭載され、コネクテッドかつ自動化されるのは確実。コンチネンタルによると、2025年には、EVの市場シェアは約10%になると予測。コンチネンタルは、自動車駆動システムにおけるこれらの将来の要求に対応するうえで、充分に準備しているという。

コンチネンタルのエルマー・デゲンハートCEOは、「NIOとのコラボレーションは、EVと中国のEV市場の発展をさらに進めることに貢献するだろう」と述べている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:6/6(火) 15:44
レスポンス