ここから本文です

ロッカールームで泥酔? 12度目の欧州制覇達成レアル、選手が歓喜のあまり…

6/6(火) 16:43配信

ISM

 現地時間3日(以下現地時間)に行なわれたチャンピオンズリーグ(以下CL)決勝でユヴェントス(イタリア)を下し、大会史上初(チャンピオンズカップ時代を除く)の連覇を達成したレアル・マドリー(スペイン)。ロッカールームで勝利を祝う選手の中には泥酔状態になったものまでいたようだ。

 カーディフの「ミレニアム・スタジアム」で行なわれた決勝戦では、前半こそ1対1で折り返したものの、後半に3得点を奪ったレアルが相手を突き放し、史上最多12度目の欧州制覇を達成した。

 選手たちはピッチの上でトロフィーを掲げファンとともに優勝を喜んだが、ロッカールーム内でもお祝いは続いたようだ。

 伊サイト『calciomercato.com』が5日に伝えたところによると、同クラブのOBでこの試合にも駆け付けたロベルト・カルロス氏は、「マルセロは本当に酔っぱらっていた」「彼はみんなに『なんで“12”とプリントされたシャツを着ているの?』と聞いていた。本当にクレイジーだよ」と、DFマルセロがクラブの欧州制覇回数にちなんだシャツの意味が分からないほど、泥酔状態にあったことを明かしている。

最終更新:6/6(火) 16:43
ISM