ここから本文です

高安、新大関Vだ!同学年・錦織から刺激もらった

6/6(火) 6:04配信

デイリースポーツ

 大相撲の新大関高安(27)=田子ノ浦=が5日、都内の部屋で横綱稀勢の里(30)とともに名古屋場所(7月9日初日、愛知県体育館)に向けた稽古を本格的に再開した。同学年の男子テニス、錦織圭(27)=日清食品=から刺激を受け、06年夏場所の白鵬以来となる新大関Vを目指す。

 全仏オープン3回戦で2日がかりの劇勝にくぎ付けになった。「縦横無尽に動き回って、あんな長い時間は過酷。信じられない」。相撲は早ければ一瞬で決着するとはいえ、ともに個人競技に挑む27歳という共通点がある。「一人で戦い、どういう神経でやっているのか」と、機会があれば話してみたいアスリートに挙げた。

 角界の“錦織世代”として新時代を担う立場だ。「大関として力強い相撲を取らないと」。5月31日、伝達式の口上で述べた「正々堂々」の四字を全うする道は始まった。

 大関と呼ばれても「まだ反応できない」と笑うが、テレビ各局に出演し、どこに行っても声をかけられる。「気を引き締めないといけない」と角界の顔は自覚十分に話した。