ここから本文です

稀勢の里、本格始動 負傷の左上腕部「日に日に状態は良くなっている」

6/6(火) 6:04配信

デイリースポーツ

 大相撲の横綱稀勢の里(30)=田子ノ浦=が5日、都内の部屋で新大関高安(27)とともに名古屋場所(7月9日初日、愛知県体育館)に向けた稽古を本格的に再開した。

 稀勢の里は稽古を本格始動し、基礎運動など約2時間、汗をかいた。左上腕部などの負傷で夏場所は途中休場。腕立て伏せ、ゴムチューブ、ダンベルなどで患部に負荷をかけ、筋肉をみっちり鍛えた。前日、「日に日に状態は良くなっている」と話した通り、回復は順調な様子だ。