ここから本文です

土屋太鳳、制服姿で竹下通り!…も、人だかりにならずでニッコリ

6/6(火) 20:44配信

シネマトゥデイ

 女優の土屋太鳳が6日、主演映画『兄に愛されすぎて困ってます』の“兄の日”制服女子会イベントに出席。共演者の大野いと、森高愛、川津明日香、越智ゆらのと東京・原宿の竹下通りを仲良く練り歩いて、道行く人を驚かせた。

【画像】足ほそ~い!制服姿の土屋太鳳

 夜神里奈のコミックを実写化した本作は、ふられてばかりいた女子高生・橘せとか(土屋)にモテ期が到来し、彼女に思いを寄せる血のつながらない兄や研修医などのイケメン男子たちが恋の駆け引きを繰り広げるさまをコミカルに描く。イベントには挿入歌を歌うLeolaも登壇。挿入曲「コイセヨワタシ。」を生披露した。

 劇中同様、制服姿で原宿を練り歩いた土屋はイベント会場で、ファンの現役女子高生らから「かわいい!」と声を掛けられ、照れくさそうな表情。竹下通りを歩き、「人だかりにはならなかった」と言うものの、「ちょっと女子高生になった気分でとってもうれしかったです。共演したみんなと歩けることもうれしかった」と笑顔。

 「今、高校生になれるなら“制服ディズニー”したい」とも話し、「リアルタイムで逃してしまって……一生の不覚だなと思っています。地道にテレビに出る時にアピールしているんですけど、まだ実現していないです」と高校時代に実現できなかった夢も紹介。

 また、大野とはプライベートでも仲が良いそうで、「出会って5年くらい。役と自分の中身がま逆なのでプレッシャーだったんですけど、いとがいてくれたおかげでパワーをもらえました」と土屋。「自分自身すごく大切だなと思っていることを、心を込めて演じた作品。それが伝わるといいな」と作品をアピールした。

 その大野は学生時代の恋の思い出を披露。「高校は女子校で憧れの先輩はいなかったんですけど、中学のときは共学で、応援団の先輩がかっこよくて、いいところまでいきました」と述べ、「(告白しに)下駄箱までいったんですけど、恥ずかしくて引き返したのを覚えています」と話していた。(取材・文:名鹿祥史)

最終更新:6/6(火) 20:44
シネマトゥデイ