ここから本文です

『ワンダーウーマン』1位!『パンツマン』2位!【全米ボックスオフィス考】

6/6(火) 22:14配信

シネマトゥデイ

 先週末(6月2日~6月4日)の全米ボックスオフィスランキングが発表され、ガル・ガドット主演、パティ・ジェンキンス監督の映画『ワンダーウーマン』が興行収入1億325万1,471ドル(約113億5,766万1,810円)をたたき出し、首位デビューを果たした。女性監督作でオープニング興収1億ドル(約110億円)を超えたのはこれが初めて。これまでの最高記録はサム・テイラー=ジョンソン監督作『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』(2015)の興収8,517万1,450ドル(約93億6,885万9,500円)だった。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル110円計算)

強く、美しい!映画『ワンダーウーマン』予告編

 『ワンダーウーマン』は、女性だけの島で育った好奇心豊かなプリンセス・ダイアナ(ガル)が、人々の争いを止めるため最強の美女戦士ワンダーウーマンとして立ち上がる姿を描いたアクション。『マン・オブ・スティール』(2013)から始まるDCユニバース作品で批評家・観客共に大絶賛で迎えられたのはこれが初めてであり、女性ヒーロー&女性監督でのこの大成功は、今後の映画界に多様性をもたらすものとして歓迎されている。観客の52%は女性だった。ガルとジェンキンス監督は続編でもタッグを組むと報じられている。

 2位は、ドリームワークス・アニメーションの『キャプテン・アンダーパンツ:ザ・ファースト・エピック・ムービー(原題) / Captain Underpants: The First Epic Movie』で興収2,385万1,539ドル(約26億2,366万9,290円)。製作費を抑えた作品であるため、まずまずの成績といったところ。児童小説「スーパーヒーロー・パンツマン」を原作に、親友同士のジョージ&ハロルドが催眠術で校長をパンツ一丁のスーパーヒーロー“パンツマン”にしてしまったことから起こる騒動をコミカルにつづる。監督は『ターボ』のデヴィッド・ソーレン。

1/2ページ

最終更新:6/14(水) 18:54
シネマトゥデイ