ここから本文です

5月英小売売上高は前年比0.2%増に減速、物価上昇が消費圧迫

6/6(火) 9:41配信

ロイター

[ロンドン 6日 ロイター] - 英小売協会(BRC)が発表した5月の小売売上高は、全店ベースで前年同月比0.2%増となり、イースター休暇があった前月の6.3%増から伸びが大幅に鈍化した。物価上昇率の加速が消費を圧迫したとみられる。

既存店ベースの小売売上高は0.4%減となり、ロイターがまとめたアナリスト予想平均にほぼ一致した。

BRCのヘレン・ディッキンソン最高経営責任者(CEO)は「5月の減速は総じて、消費者の購買力が長期的に低下傾向にあることを示している」と指摘。

消費者物価の上昇率は4月に2.7%となり、2013年9月以来の高い伸びとなった。

一方、クレジットカード会社バークレイカードが発表した統計では、5月の消費支出は前年比2.8%増と、4月の5.5%から鈍化し、欧州連合(EU)離脱を決めた2016年6月の国民投票直後以来の低い伸びとなった。

同社は、インフレ率の高進が消費パターンにわずかな変化をもたらしているが、5月の減速が4月のイースター休暇関連の大量消費からの一時的な反動よりも長期的な傾向を示していると決めつけるのは時期尚早とした。

一方、英求人雇用連盟(REC)は、正社員と臨時従業員の新規採用がともに2015年以来の大幅な増加となったことに関し、国内企業は職務に適した能力を持つ人材の不足に直面していると指摘。RECの政策ディレクター、トム・ハドリー氏は「EU市民は大挙して英国を離れている。経営側は欠員を補充するのに人材を選べない状況となっている」と述べた。

最終更新:6/9(金) 17:18
ロイター

Yahoo!ニュースからのお知らせ