ここから本文です

iOSに「ARKit」登場 iPhone、iPadで使える世界最大のARプラットフォームへ

6/6(火) 5:22配信

ITmedia Mobile

 米Appleは6月5日(現地時間)、米カリフォルニア州サンノゼで行われている世界開発者会議「WWDC 2017」で、iPhoneやiPad向けのアプリ開発に使える「iOS 11」の新機能、AR(Augmented Reality, 拡張現実)プラットフォーム「ARKit」を発表した。

【画像】壇上の机で繰り広げられる街中の戦闘シーン

 「数億のiPhoneやiPadで動く。つまり、世界最大のARプラットフォームだ」という。ARKitはゲームエンジン「Unity」や「Unreal Engine」、Appleの3Dフレームワーク「SceneKit」をサポートする。「早く、安定したモーショントラッキング」「基本的な境界での平面推定」「環境光推定」「スケール推定」を可能としている。

 発表会ではクレイグ・フェデリギ氏がARKitのデモを行った。壇上の机にiPhoneのカメラを向け、机の上にiPhoneの画面からコーヒーカップを置いてみせた。コーヒーカップは机上で移動することもでき、奥にずらすとその分小さく、手前にずらすとその分大きくなるなど、カメラから入ってくる映像を3次元的に処理している様子を披露した。

 また、ニュージーランドのVFX制作会社、WETAデジタルのアラスダー・コウル氏の「Wingnut AR」というAR作品では、机をiPadで写すと、机上にリアルな街並みが再現された。机上の街で繰り広げられる戦闘シーンは、iPadを動かすことでさまざまな角度から見ることができた。Wingnut ARは2017年後半にゲームとしてリリースされるという。

最終更新:6/6(火) 5:22
ITmedia Mobile