ここから本文です

【NEW】藤原組長からの手紙は白紙だった…困惑する村上

6/6(火) 16:45配信

東スポWeb

 IGFの新ブランド「NEW」で大暴れしている「村上会」の村上和成(43)が5日、会見を行い2日の後楽園大会でNEW相談役の藤原喜明組長(68)から渡された手紙を公開した。

 村上は同大会で佐藤耕平(39)と組んで鈴川真一(33)と奥田啓介(26)を一蹴。試合後には藤原組長と握手を交わすと書簡のようなものを渡され、この時は「『天』からの手紙だ」と説明していた。

 会見では「これが見たいんでしょ?」と、藤原組長からの手紙を報道陣に公開。そこには何も書かれておらず、全くの「白紙」だ。さすがの村上も「謎かけなんだろうけど…」と困惑の表情を浮かべた。それでも「単純に『かみ』ということで『神(かみ)が見てるよ』ということなのかもしれない。俺は『この白い紙を好きなように染めろ』と受け取った。これからも祭りを続けてNEWを好きな色に染めさせてもらう」と継続参戦を宣言した。

 また、村上会に5代目ブラックタイガーが加入したことも発表。

 8日の長野・松本市キッセイ文化ホール大会で佐藤、5代目ブラックタイガー組が鈴川、奥田組と対戦する。村上会の勢いが止まらなくなってきた。

最終更新:6/6(火) 17:05
東スポWeb