ここから本文です

五輪スペイン合宿誘致を調整 湖西市、7月にも覚書

6/6(火) 9:27配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 湖西市が2020年東京五輪でスペインの卓球選手団の事前合宿を受け入れるため、同国の関係団体と覚書を締結する方向で最終調整を行っていることが5日、関係者への取材で分かった。

 両者の交渉が順調に進めば、7月にも覚書を結ぶ可能性がある。市は6日開会の市議会6月定例会に、東京五輪・パラリンピック関連費491万円を盛り込んだ一般会計補正予算案を提出する。誘致には予算案の可決も必要になる。

 市は練習施設として、03年に県内で開かれた国体の卓球会場だった複合運動施設アメニティプラザを提案。同プラザは日本リーグ女子1部のアスモ(同市)のホームマッチ会場にもなっている。

 交渉では20年東京五輪の事前合宿に先立ち、17年度中など早い段階で一度合宿を開く案も出ているという。

静岡新聞社