ここから本文です

高安は初Vへ 稀勢は復活へ稽古再開

6/6(火) 16:45配信

東スポWeb

 新大関の高安(27=田子ノ浦)が5日、東京・江戸川区の部屋で本格的に稽古を再開。ウオーターバッグを使ったトレーニングやぶつかり稽古などで汗を流した。

 初優勝を目指す名古屋場所(7月9日初日、愛知県体育館)へ向けて「今までやってきた自分のスタイルをもう少し強化したい。名古屋場所に向けてしっかり体をケアして、体力をつけて激しい稽古をしても壊れない体をつくりたい」と意欲を見せた。

 今回の大関昇進でテレビ出演の機会も増え、世間の注目度も一気にアップ。「(大関と呼ばれることに)まだ慣れないですね。呼ばれても反応できない」と苦笑いを浮かべつつも「しっかり自覚しなければいけない。外を歩けば皆が見ている。(一般のファンから)よく声をかけられるので、気を引き締めないといけない」と看板力士としての覚悟を口にした。

 また、左上腕と左胸のケガで夏場所を途中休場した兄弟子の横綱稀勢の里(30)も稽古を再開。腕立て伏せやダンベル、ゴムチューブを使ったトレーニングで痛めた箇所を含む筋肉を鍛える一方で、患部を右手で押さえて気にする場面もあった。前日4日に茨城・鹿島神宮で土俵入りをした際には「日に日に良くなっている」と強調していたが…。名古屋場所の新番付発表は26日。そこまでの回復具合が復帰の一つの目安となりそうだ。

最終更新:6/6(火) 17:07
東スポWeb