ここから本文です

カシンと合同合宿 謎の白マスク男の正体は?

6/6(火) 16:45配信

東スポWeb

 あの男が帰ってくる。“悪魔仮面”ケンドー・カシン(48)が5日、千葉・外房で謎の白マスク男と合同合宿を敢行。とても一般人とは思えないゴツい白マスク男は、8日の超戦闘プロレスFMW新宿大会で、全日本プロレスの諏訪魔(40)率いる暴走ユニット「エボリューション」と6人タッグデスマッチで対戦するカシンに新たな凶器を授与。悪魔仮面はこの男をセコンド起用することも示唆した。その正体とは――。

 一方的に本紙を呼び出したカシンはこの日、トレーニング設備が充実しているという外房の友人宅で練習を公開した。8日に行われる暴走軍(諏訪魔、青木篤志、佐藤光留組)とのデスマッチに向けた最終調整だ。

「はぐれ邪道軍」として大仁田厚、保坂秀樹とタッグを組むカシンは「まだ(5月の)FMW北海道3連戦の清算が済んでいない。高橋英樹社長は早く清算しろ」とブツブツ文句を言いながら汗を流していた。

 そこに突然、天井からロープを伝って白マスクの大男がカシンの前に登場。「IGF」と書かれたマスクを着用した謎の男は、人間離れしたバランス感覚でロープにぶら下がったまま「私は天の使いです。清算がまだ済んでいないようなので、とりあえずこの現金で当面をしのぎなさい」と悪魔仮面に現金を渡すと、ご丁寧にロープから転落した。

 再度ロープにぶら下がった白マスク男は、カシンも愛用するウクライナ産の武器・ブラワに有刺鉄線を巻きつけた凶器を取り出し「煮ても焼いても食えない諏訪魔はこの『有刺鉄線ブラワ』で叩きつぶしてカマボコにしなさい。そして大仁田厚氏とともに村上会を壊滅し、NEWを整理しなさい」と告げた。この家の持ち主らしい白マスク男は、諏訪魔やIGFと因縁があるようだ。カシンのとても狭い交友範囲を考えても、正体は“野獣”以外にない。だとすれば、引退撤回↓現役復帰に大きく前進したことになるが…。

 やりたいことをやって満足したのか、カシンはここで練習の公開を打ち切り、不気味にうなずきながら「とにかく全部まとめて整理できるのはこの男しかいませんね、ハイ。8日は『天の使い』をセコンドに…」と満足そうな表情を浮かべた。悪魔仮面の周辺がまた面倒なことになってきた。

最終更新:6/6(火) 17:07
東スポWeb