ここから本文です

プラモなのに二次元にしか見えない!? アニメ塗りの「Zガンダム」がイラストそっくりすぎて混乱

6/6(火) 9:27配信

ねとらぼ

 テレビアニメ「機動戦士Zガンダム」に、主人公機として登場した「Zガンダム」。そのプラモデルを、塗装でイラストっぽく見えるように仕上げた作品が、立体物なのに2次元にしか見えない……!

【制作過程を見てみます】

 投稿したのは、アニメ塗り(プラモデルをアニメ風に塗装)した「ガンダム バルバトスルプスレクス」でも話題になった今日さん。今回は、金属光沢などを表現するアニメーションの作画手法として知られる通称「ワカメ影」を使い、「Zガンダム」を制作しています。

 投稿者のツイートには、単色で塗り分けた各パーツに影などを表現する色をのせていき、プラモデルをまるで魔法のように“イラスト化”していく塗装過程も。途中段階までは立体物らしさが感じられるのですが、完成品を撮影した画像は、まるでアニメのワンシーンのような仕上がり。実写背景が残っている画像を見ても、イラストを合わせた合成写真と錯覚してしまうのでは?

 また、投稿者はこの「Zガンダム」を回転させている動画も公開。アハハ……イラストかな。いや、違う、違うな。イラストはこんなバーッて動かないもんな……(混乱)。

画像提供:今日さん

最終更新:6/8(木) 12:01
ねとらぼ