ここから本文です

スペイン、湖西合宿決定 東京五輪・卓球選手団

6/6(火) 17:05配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 湖西市の影山剛士市長は6日に開会した市議会6月定例会で、2020年東京五輪でスペインの卓球選手団の事前合宿を受け入れるため、王立スペイン卓球連盟と同市で覚書を締結することで合意したと明らかにした。

 定例会の開会あいさつの中で報告した。影山市長は覚書の締結日を7月5日の予定とし、在日のスペイン大使館員ら関係者を招いて行うと説明した。8月にも一度、合宿することを検討している。

 影山市長は「日本で五輪・パラリンピックが開催される貴重な機会。湖西市でも五輪選手と市民、子どもたちが交流する機会を持ち、スポーツ振興につなげていきたい」と述べた。詳細は改めて公表するとした。市は練習施設として、03年に県内で開かれた国体の卓球会場だった複合運動施設アメニティプラザを提案している。市は同日の定例会で、東京五輪・パラリンピック関連費491万円を盛り込んだ一般会計補正予算案を提出した。

静岡新聞社