ここから本文です

八王子発・期間限定「ホタルタクシー」 夕やけ小やけふれあいの里でホタル観賞 /東京

6/6(火) 14:15配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 キャピタル交通(八王子市左入町)は6月3日から、八王子・日野エリアから八王子市夕やけ小やけふれあいの里(上恩方町)に向かう期間限定のタクシー「ホタルタクシー」を運行している。(八王子経済新聞)

人数に合わせセダンからハイエースまで3種類の車両を用意

 「バーベキュータクシー」「紅葉タクシー」「酒蔵タクシー」など、さまざな特別企画を行ってきたキャピタル交通。今回はホタルの鑑賞スポットとして知られ、今月3日~18日の間、「ホタルの夕べ」と題したイベントを行っている「夕やけ小やけふれあいの里」へと往復送迎するタクシーを企画した。

 タクシーは最大4人乗車できるセダン、6人乗りのエルグランド、9人乗りのハイエースの3タイプを用意。八王子・日野エリアを対象に自宅などから「夕やけ小やけふれあいの里」の間を往復する。「ホタル観賞の1時間程度タクシーは会場近辺に待機しているので、ゆっくりと見学が可能」と同社担当者。「希望すればお食事処などに立ち寄ることも可能」とアピールする。

 料金は車種ごとに異なり、セダン・エルグランドの場合、2時間まで=1万1,520円、3時間まで=1万7,280円。ハイエースの場合は、2時間=1万2,840円、3時間=1万9,260円。セダンに関しては当日17時まで、エルグランドとハイエースは前日まで予約を受け付ける。出発時間は17時30分~19時30分の間、30分間隔で設定可能。運行期間は今月18日まで。

 「夕やけ小やけふれあいの里」は、宿泊施設やキャンプ場を備えるレクリエーション施設。西東京バスから寄贈された都内最後のボンネットバス「夕やけ小やけ」号があるほか、同所の近くに生家がある童謡「夕焼小焼」の作詞家・中村雨紅に関する資料なども展示する。

 「ホタルの夕べ」は営業時間終了後の各日18時~21時に開催しており、入場無料。

みんなの経済新聞ネットワーク