ここから本文です

韓国産のりの輸出が好調 1~5月は前年比約58%増

6/6(火) 16:32配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国産ののりが海外でおやつ用などとして人気を呼び、今年に入ってから輸出が急増した。海洋水産部が6日、明らかにした。

 同部によると、今年1月から5月までののりの総輸出額は2億1800万ドル(約239億円)で、前年同期比57.6%増加した。

 特に、輸出先上位3カ国の日本(73.8%増)、中国(71.1%増)、タイ(62.1%増)のほか、ロシア向けの増加幅が大きかった。

 のり以外にマグロ、カキ、ヒラメなど主な品目の輸出額もほとんどが増加し、今年5月までの全体の水産物輸出額は前年同期比14.8%増加した9億1300万ドルと暫定集計された。

 米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備に反発する中国が韓国に報復措置を取っていることなどから輸出減が懸念されていたが、水産物に関しては昨年5月から13か月連続で輸出が伸びている。

 1~5月の輸出額を国別に見ると、最大の輸出相手国である日本向けが前年同期比14.7%増加した3億300万ドル、中国向けは同14.6%増加した1億5800万ドルだった。ベトナムを除き、上位10カ国への輸出額は全て増加した。

最終更新:6/6(火) 17:11
聯合ニュース