ここから本文です

金沢の居酒屋が大衆食堂 市場で仕入れた新鮮な魚やスタミナ肉料理提供 /石川

6/6(火) 18:14配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 金沢市中央卸売市場近くに5月17日、「辻屋商店食堂」(金沢市西念4、TEL 076-255-6105)がオープンした。(金沢経済新聞)

【パノラマVR】金沢市中央卸売市場前にオープンした「辻屋商店食堂」

 店内は1階にテーブル5卓12席、カウンター6席、2階にテーブル5卓18席を設ける。市内で15年居酒屋を営む「辻屋商店」(伏見台1)が運営する。店主の辻誠一さんは「居酒屋とはまた違う客層、違うメニューで挑戦していきたいと、大衆食堂をテーマにした店を目指した」と話す。

 メニューは魚料理の定食7種類、肉料理の定食12種類、丼物7種類のほか、一品料理も用意する。料理に使う食材は毎朝市場で仕入れ、その日に仕入れた魚はその日で使い切ることをモットーに提供する。

 中央卸売市場前にはすし店や居酒屋、イタリアン、韓国料理、パン店などさまざまな飲食店が並び、「どの店も気取らず軽く立ち寄れる雰囲気がある」と辻さん。金沢の繁華街・片町で個性的な小さな飲食店が集まる「新天地」というエリアを引き合いに出し、「市場前の飲食ストリートは食の新天地。大衆食堂としてオープンしたいという思いにぴったりのレトロで独特な場所」と話す。

 辻さんは「金沢の人は舌が肥えている。お客さんの体調やその日の気候などに合わせて長年料理を提供する中で培った経験を基に、味自慢のおいしい食堂として自信のあるメニューを提供していたい」と意気込む。

 営業時間は11時~15時、17時30分~22時。

みんなの経済新聞ネットワーク