ここから本文です

麻央と一緒にいられる喜び 子供たちの「笑顔が全然違う」と海老蔵

6/6(火) 15:10配信

デイリースポーツ

 歌舞伎俳優・市川海老蔵(39)が6日、フジテレビ系で放送された「直撃LIVE グッデイ!」の単独インタビューに応じ、自宅でがん闘病中の妻・小林麻央(34)について、在宅医療の大変さを明かしながらも、「そばにいてくれる喜びが勝る」と力強い眼差しで語った。

【写真】海老蔵ファミリー 家族4人で笑顔の記念写真

 インタビューは5日に都内で行われた。麻央は5月29日に退院し、在宅医療に切り替えている。

 麻央が家に帰ってきたことで、長女・麗禾ちゃん(5)、長男・勸玄君(4)がとても喜んでいるという。「大変、大変、大変。(子供たちの)笑顔が全然違いますよね」と微笑みを浮かべた海老蔵。「麗禾は“大人”ですから、我慢してることがある。ママのそばでママを守る、っていう武士道的、騎士道的な感じ、要素が出てきた」とまだ幼い長女が、ママを守ろうと懸命になっていることを明かした。

 麻央のブログでは、足の浮腫みを指摘されたことなど、麗禾ちゃんがさまざまなことに敏感に気付くことがつづられていた。

 麻央の退院当日には麗禾ちゃんが初めて絵本一冊全部、麻央に読み聞かせをした。「(麗禾の愛情に)応えたいんですけど応えられる時と応えられない時がある。(麗禾が)一冊読むのに30分ぐらいかかるんですよ。大変ですね、読む方も聞く方も。お互い愛情もって読み、愛情をもって聞いてるんで」と互いの思いに触れ、「麻央はその後ちょっと疲れちゃったみたいですね」と明かしていた。

 海老蔵は「在宅(医療)は家族が大変ですよね。それを見ている妻も気を使いますしね」と在宅医療の難しさを明かした。それでも「大変(さ)より、(麻央が)そばにいてくれる喜びが勝るということが、何よりも大きい」と話していた。