ここから本文です

カタール、中東主要国との関係修復へ調停に応じる用意=外相

6/6(火) 17:55配信

ロイター

[ドバイ 6日 ロイター] - サウジアラビアなど中東の主要国がカタールとの国交を断絶したことを受け、カタールのムハンマド外相は6日、調停を通じた解決に努める用意があると表明した。

また、同国のタミム首長が予定していた国民向けの演説は、クウェートによる調停を可能にするため延期することを明らかにした。

タミム首長は5日夜、カタールとの国交を維持しているクウェートのサバハ首長と電話で会談し、サバハ氏の要請に応じて国民向けの演説を延期することを決定した。主要国による断交にカタール政府として対抗措置を講じないことも決めた。

ムハンマド外相が中東の衛星テレビ局、アルジャジーラに語ったところによると、カタールはクウェートのサバハ首長が「当該国と対話し、事態の収拾を図る」ことを望んでいる。

サバハ首長は2014年に中東で対立が生じた際に重要な役割を果たした経緯があり、ムハンマド外相はアルジャジーラに対し、「状況がより明確になるまでいかなる演説や行動も控えるべき」とのサバハ氏の要請をタミム首長は尊重する意向だと述べた。

ムハンマド外相はさらに、主要国による断交はカタール国民や湾岸アラブ諸国の家族関係に「前例のない」影響を及ぼすが、カタール政府は対抗措置をとらないと言明。「姉妹国の間の相違は対話を通じて解決する必要がある」と述べた。

最終更新:6/10(土) 18:06
ロイター