ここから本文です

国交省に不正アクセス 不動産登記情報など約20万件流出か

6/6(火) 16:11配信

ITmedia NEWS

 国土交通省は6月6日、同省のWebサイトが「Apache Struts 2」の脆弱性を悪用した不正アクセスを受け、アンケート情報や不動産登記情報など最大約20万件が流出した可能性があると発表した。

【国交省の発表文】

 流出した可能性があるのは、不動産取引価格などの調査や結果公表を行うサイト「土地総合情報システム」上で、Webアンケートに答えたユーザーの氏名、法人名、契約日、取引価格などが最大4335件。このほか、登記所などでも入手可能な情報ではあるが、所有権移転登記情報(登記原因日、地番、地目、面積など)最大19万4834件も流出した恐れがあるという。

 同省は2日午後4時に同サービスの電子回答システムを緊急停止。6日現在、個人情報流出の有無を調査中で、システム監視の強化、再発防止のための対策を検討しているという。土地総合情報システムでは、被害を受けた「不動産取引価格アンケート回答」以外の機能は継続して提供している。

 Apache Struts 2の脆弱性を狙った不正アクセスは、3月初旬から同時多発的に発生。日本郵便、総務省、チケットサイトを運営するぴあなどが相次いで被害を受けている。

最終更新:6/6(火) 18:46
ITmedia NEWS