ここから本文です

パンクロックバンド「アナーキー」のマリさんこと逸見泰成さん死去

6/6(火) 14:13配信

スポーツ報知

 パンクロックバンド「アナーキー」の元ギタリスト、マリさんこと逸見泰成(へんみ・やすなり)さんが4日に亡くなっていたことが6日、わかった。57歳だった。

 「FUUDOBRAIN TOKYO BLOG」で「訃報・公式発表」として同日、発表された。死因などについては明らかにされていない。通夜は11日、葬儀・告別式は12日に東京・板橋区の戸田葬祭場で行われる。

 1978年に結成された「アナーキー」は、79年にアマチュア音楽コンテスト「EastWest」で優秀バンド賞、最優秀ボーカリスト賞を受賞。80年、シングル「ノット・サティスファイド」、アルバム「アナーキー」でデビュー、人気バンドとなった。2001年に活動休止、08年にはドキュメンタリー映画「アナーキー」が公開された。

 逸見さんの訃報について、「氣志團」のボーカル・綾小路翔(41)は自身のツイッターで「昨夜、E-ziさんから電話。アナーキー・マリさんの訃報。57歳。若過ぎる。来月に控えたアナーキー奇跡の再結成、マリさんの動向に注目していただけに悔しさが募る。Punks Not Dead。永遠に僕らの心の中に。合掌」と若すぎる死を悼んだ。

最終更新:6/13(火) 11:54
スポーツ報知

Yahoo!ニュースからのお知らせ