ここから本文です

阪神 オリックス先発の金子をKO エースめった打ち8安打で9点奪う

6/6(火) 20:33配信

デイリースポーツ

 「交流戦、オリックス-阪神」(6日、京セラドーム大阪)

 阪神がオリックスのエース・金子をKOした。

 0-2の三回、一挙6点を奪う猛攻で逆転。6-2の六回には糸井の適時打で1点を加え、2死一、二塁で高山を打席に迎えたところで金子は降板。2番手には左腕・大山が告げられた。

 高山は簡単に2ストライクと追い込まれたが3球目に食らいつき、三遊間に打球を飛ばした。遊撃がなんとか追いつき捕球。三塁へ転送したが、これが阪神ベンチへ飛び込む送球失策。

 二走の糸井が、遊撃への内野安打とこの失策でホームに返った。高山に打点はつかなかったが、さらに福留が四球を選び、2死満塁とし、続く原口がチーム10本目、2桁安打となる適時二塁打を放ち、2点を加点。

 この回5点を奪い、リードを9点に広げた。金子は結局、5回2/3を8安打9失点だった。