ここから本文です

たけし、小説執筆「直木賞取る」ピース又吉をライバル視

6/6(火) 17:52配信

スポーツ報知

 タレントのビートたけし(70)と劇団ひとり(40)が6日、東京・虎ノ門ヒルズカフェに7日から期間限定で開催されるアサヒ飲料「ワンダ 極 “深煎りの極み”体験イベント」のオープニングイベントに出席。たけしは2015年にデビュー小説「火花」で芥川賞を受賞したお笑いコンビ「ピース」の又吉直樹(36)に対抗心を燃やし、小説を執筆中だと告白した。

 イベント後の会見で、今、情熱を注いでいることは何かと問われると、たけしは「又吉が芥川賞とって、漫才師は才能あるなと思った。自分も小説はいっぱい書いてきたけど、何の賞にも引っかからなかったので頭に来た。真剣に書いてる」と、ひそかに新作に取りかかっていることを明かした。だが「書いているとどうしても漫才の台本になっちゃう」と悩ましげ。“後輩”に負けじと「直木賞取ってやると言っているが、周りは『また始まった』と思っている」と苦笑いした。

 一方、ひとりは「小さな話ですけど、2日前に、ようやく奥さんに許しをもらって豊洲でインコを買った。そこに情熱を傾けている」と話し、場を和ませていた。

最終更新:6/6(火) 17:54
スポーツ報知