ここから本文です

広島エルドレッドが決勝打「難しい球だったけど…」

6/7(水) 0:02配信

デイリースポーツ

 「交流戦、日本ハム3-4広島」(6日、マツダスタジアム)

 広島は丸佳浩外野手(28)が同点適時打を放ち、ブラッド・エルドレッド内野手(36)の決勝点となる逆転適時二塁打で勝利した。

【写真】エルドレッドの技あり決勝打!

 ハイライトは2点を追う七回。四球と失策で無死二、三塁とすると、菊池の内野ゴロの間に1点。なおも、1死三塁で丸が左腕・宮西のスライダーを捉え、左前に運んだ。「状況的に前に飛ばせば何とかなると思っていた」と意地の一打で試合を振り出しに戻した。

 2死一塁。エルドレッドに打席が回ってきた。3番手・谷元の投じた初球、低めのフォークに反応。打球は左翼線に弾んだ。一塁から丸が激走し、逆転の本塁へ生還。「難しい球だったけど、ファウルにならずに二塁打にすることができてよかったよ」と納得の表情を浮かべた。