ここから本文です

カラテカ入江、テレビに出なくても月収280万円の生活明かす

6/6(火) 22:53配信

スポーツ報知

 お笑いコンビ・カラテカの入江慎也(40)が、6日放送のフジテレビ系バラエティー「有吉弘行のダレトク!?」(火曜・後10時)に出演。高級デザイナーマンションに住む高給生活を披露した。

【写真】響・長友光弘が年商5000万円を稼ぎ出す副業とは?

 「テレビで見かけないが月収数百万円の芸能人一斉家宅捜索」の企画で、アンタッチャブル・山崎弘也(41)の“ガサ入れ”を受けた入江。「友達5000人芸人」を自称していた時代は月収18万だったが、今ではテレビに出る機会も少ないながら家賃24万円のマンションに住み、ブランド品に囲まれた生活を送っているという。

 優雅な生活を送る証拠を探す山崎が見つけたのは、IT企業の社長など、数多くの名刺。実は入江は12年に出版した「後輩力 凡人の僕が、友だち5000人になれた秘けつ」をはじめ、「使える!人脈力」(13年)、「社長が落ちる接待力」(14年)とビジネス本が反響を呼び、講演に呼ばれる機会が激増。企業や地方自治体相手に芸人で磨いたコミュニケーション術を伝えているという。さらに自身もイベントプロモーション会社を設立。月収は280万円で、芸人時代の15倍稼いでいるという。

 そんな中、山崎は自宅から貯金通帳も発見。「通帳見せる番組、無いでしょ」と食い下がる入江の訴えで中身は明らかにされなかったが、かなりの資産がある様子。最後に、今の職業は芸人かビジネスマンか問われた入江は「正直、芸人です」と男気を見せたが、山崎は偽証罪で“逮捕”した。

最終更新:6/7(水) 8:13
スポーツ報知