ここから本文です

小林麻耶、献血語る「あの輸血がなければ妹がどうなっていたか…」7月からラジオレギュラー復帰

6/6(火) 22:55配信

スポーツ報知

 フリーアナの小林麻耶(37)が6日、都内で、若年層に献血を呼び掛ける無料ライブ「LOVE in Action Meeting」にゲスト出演した。

 乳がんで闘病中の妹の小林麻央さん(34)が4月から輸血を受けていることについて「あの輸血がなければ妹がどうなっていたか分からない。血液バッグには名前は書いてないが、献血して下さる方がいらっしゃるおかげで命をつなぐことができた。受血者の家族として心から感謝します。献血して下さって、ありがとうございました」と何度も謝意を述べた。

 また、麻央さんのブログが世界中から注目されていることについて「たくさんの見ていていただいて、コメントをいただいて妹も励まされている」と報告した。

 麻耶は、昨年6月から過労による体調不良で約11か月間休養。同イベントを後押しするJFNのラジオ番組のパーソナリティーも降板した。「妹ががんになって、私も体調を崩し、命の大切さ、尊さ、生きていることを実感するようになった」と当時を振り返り、7月から同番組に復帰することを発表した。

 麻耶が休養している間、代役パーソナリティーを務めてきた所属事務所の後輩で、この日のMCを担当した川田裕美アナ(33)は「戻ってきてくれて本当に良かった」と号泣していた。

最終更新:6/6(火) 23:45
スポーツ報知