ここから本文です

三浦隆司、王座返り咲きへ代名詞の左“ボンバー隠し”

6/7(水) 7:04配信

スポーツ報知

◆プロボクシング世界戦 ▽WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦 三浦隆司―ミゲル・ベルチェルト(7月15日、米カリフォルニア州イングルウッド ザ・フォーラム)

 プロボクシング元WBC世界スーパーフェザー級王者で同級1位・三浦隆司が“ボンバー隠し”で王座返り咲きを狙う。都内の所属ジムで6日、同級王者ミゲル・ベルチェルトとの一戦に向け海外から招いたパートナーとのスパーリングを開始した。フィリピン人選手2人と4回を消化し、強烈な左ストレートやボディー攻撃などを披露。「始まったな、という感じ。まあまあの出来だった」と振り返った。

 その後のミット打ちでは、新たにコンビを組む田中繊大トレーナーから「ボンバーを隠して!」などの指示が飛んだ。三浦の代名詞は“ボンバーレフト”と呼ばれる強烈な左。三浦は「右ジャブで(相手の目を)隠して、相手が左は来ないと思っているタイミングで打ちたいので」と説明した。右で相手の目線を遮って、自慢の強打を打ち込むタイミングを伺う。

最終更新:6/7(水) 7:04
スポーツ報知