ここから本文です

コリィ・テイラー、少年期のレイプ体験を語る

6/6(火) 15:08配信

BARKS

スリップノット/ストーン・サワーのフロントマン、コリィ・テイラーが、アメリカのケーブル/オンライン番組『The Therapist』に出演し、10歳のとき16歳の少年からレイプされたことを明かした。

◆コリィ・テイラー画像

テイラーは、ドクターSiri Sat Sam Singhを前に少年時代の辛い体験を語った。「音楽をプレイしようって、彼の家に誘われていたんだ。それがある日、別のものになった。長い間、誰にも話さなかった。彼から、俺を傷つける、母親を傷つけるって脅されていたから」

また、テイラーはティーンエイジャーのとき自殺を図ったとも打ち明けた。「祖母の家で、山ほどの錠剤を飲んで床に横たわった。そしたら、元カノの母親が俺の様子を見に、突然、祖母ちゃんの家に現れたんだ。俺を発見した。1時間後、俺はトコンを飲んで、バケツに吐いてた」

テイラーは辛い過去を告白することにした理由を『Revolver』誌のインタビューで、こう説明していた。「俺らが望む望まないにかかわらず、人々は俺らにインスピレーションや助言を求めている。その手の責任を負いたくないって人はたくさんいる。俺はものすごく真剣にとらえている。いろんな意味で、俺は模範を示して先導しようとしている。ああ、こういうこと告白するのは楽じゃないよ。でも同時に、問題について話さないで、どうやって治すことができるんだって思う。それを理解していない人々がいる。何も言わなければ、問題は解決できない」

ミュージシャンが、彼らの経験した辛い出来事やトラウマについて話す『The Therapist』には、テイラーほか、ラッパーのYoung M.A、Freddie Gibbs、Waka Flocka Flame、O.T. Genasisらが出演。セラピーを受ける様子が公開されている。

Ako Suzuki

最終更新:6/6(火) 15:08
BARKS