ここから本文です

体操の内村選手プロ契約で注目、「長崎ちゃんぽん」本場の味は?

6/6(火) 17:30配信

投信1

男子体操の内村選手が体操初のプロ契約選手に

昨年夏に開催されたリオデジャネイロ夏季五輪大会から早10カ月が過ぎました。リオ五輪では男子体操が団体戦で3大会ぶりの金メダルを獲得、個人総合では内村航平選手が2大会連続の金メダルという輝かしい成績を収めました。

こうした活躍により男子体操の人気がいっそう高まったことは言うまでもありませんが、やはり、その主役は内村選手です。

2017年に入って開催された公式競技大会でも、4月の全日本体操個人総合選手権で10連覇、6月のNHK杯でも9連覇を達成しています。内村選手は既に28歳ですから、普通に考えると既に体操選手としてのピークは過ぎつつあります。しかも、有望な若手選手が続々と登場してきている中での連覇達成は、まさしく偉業と言えるでしょう。

そして、内村選手はリオ五輪終了後、2016年11月から体操では初めてとなる“プロ契約選手”として活動しています。“プロ”とは「結果」で勝負していくことを意味します。自らをさらに厳しい立場に置き、東京五輪を目指す内村選手の活躍に期待したいと思います。

内村選手の所属先は「長崎ちゃんぽん」が主力事業のリンガーハット

さて、前置きが長くなりましたが、プロとなった内村選手の所属先がリンガーハット <8200> です。2017年3月、内村選手はリンガーハットと約5年間(2021年12月まで)の所属契約を結びました。現在では、前述した競技大会およびメディア報道等では「内村航平(リンガーハット)」と表記されています。

内村選手は長崎県出身です(注:生まれは北九州市)。同じ長崎県に本社があるリンガーハットがサポートを買って出たと見られます。

“リンガーハット”・・・聞いたことのある名前ではないでしょうか。リンガーハットは外食産業企業です。売上高の約75%を占める「長崎ちゃんぽん」事業が主力事業で、『長崎ちゃんぽん リンガーハット』のブランドで653店舗を展開しています(2017年4月30日現在)。

その他では、『とんかつ 濱かつ』を展開する「とんかつ」事業(売上構成比は約24%)が第2の柱となっていますが、「長崎ちゃんぽん」事業の3分の1に過ぎません。

さらに、営業利益の内訳を見てみると、「長崎ちゃんぽん」事業が全体の8割を超えています(連結消去前)。ちなみに、営業利益率は「長崎ちゃんぽん」が8%強、「とんかつ」は5%弱です。

1/2ページ

最終更新:6/6(火) 17:30
投信1

チャート

リンガーハット8200
2490円、前日比-10円 - 9/22(金) 15:00