ここから本文です

牧之原の新茶を被災地へ 現地派遣の職員通じ寄贈

6/6(火) 12:38配信

静岡放送(SBS)

 東日本大震災で被災した人たちに自慢の新茶を届けようと牧之原市の茶業関係者らが市役所を訪れ西原市長に手渡しました。
 6月6日、牧之原市役所を訪れたのは地元の茶業委員会とJAハイナン女性支部長ら3人です。これは東日本大震災で甚大な被害に見舞われた福島県南相馬市の被災者に牧之原産の新茶を味わってもらおうと毎年、行われているものです。震災後、東北の復興を支援する牧之原市が南相馬市に職員を派遣したことがきっかけで行われている新茶の寄贈は2017年で6回目を迎えます。牧之原市は2017年も職員を南相馬市に派遣していてこの職員を通じて新茶は仮設住宅などへ届ける予定です。

静岡放送(SBS)

最終更新:6/6(火) 12:38
静岡放送(SBS)

Yahoo!ニュースからのお知らせ