ここから本文です

錦織圭絶望的テニスから勝利8強 準々決勝はNO.1 マレー【全仏オープン】

6/6(火) 13:06配信

TENNIS.JP

逆転勝利!準々決勝はマレー

<2017全仏オープンテニス>(通称:ローランギャロス)
6月5日(月)
錦織圭(日清食品)の4回戦が行われ、錦織はスペインのベテラン33歳のベルダスコを0-6,6-4,6-4,6-0で破り8強になった。
準々決勝では第1シードのアンディ・マレー(英国)と6月7日(水)に対戦する。

ファーストセットを0-6で落とした時は誰もが今日の錦織は勝てないだろうと思ったことだろう。

錦織そしてコーチのチャンを除いては。
あるいはチャンでさえ、本当はそう思ったのではないだろうか?数年たったら、いつか本音を聞いてみたいものだ。

3回戦の鄭現(チョン ヒヨン)戦では「100パーセント」負けたと覚悟したと錦織は言うが、
今日のベルダスコのできを見たら、今日こそ「100パーセント負けた」と思ってもおかしくない。

WOWOWの解説をしていた松岡修造応援団長?は、試合が始まる前は昨日の大挽回勝ちでの錦織に勢いを感じ、イケル、イケル・ムードだったが、
第1セットを0-6で落とし、「今日のプレーは大ショック、この試合を解説するのは難しい」と歯がゆがった。

覇気もなく、観客からブーイングが出る始末だ。
体のどこかが痛くて棄権するのでは?とさえ思える。

朝刊の締め切り時間が迫っている新聞記者たちはプレスルームに戻り、「錦織圭グランドスラム大会7度目の8強はならず!」などの見出しや記事など考え始めていただろう。

錦織圭は1ポイント、1ポイントと

「第1セット落としてから、1ポイントずつ戦うことを意識していった。」と錦織は切り替えたが、
松岡修造は第2セット最初のゲームをブレークするものの、続くサービスゲームを落とした時は
「突破口が見えない!」とさえ言い切ってしまうほど、挽回の余地は見えない試合だった。

「それまでは、長いラリーを避けようとして焦ってミスしたり、
単調になり過ぎて彼のフォアを打たしてしまったりしたので、
高いボールを打たせて、ラリーで我慢するようにした。」

「第2セット、先にブレークしたから良かった。
先に取られていたら、ズルズルいっていたかもしれない。
ちょっとの差だった。」と錦織。

錦織の第6ゲーム、5回のデュースがあった。
錦織のバック・ダウン・ザ・ライン・ボレーのウィナーで3-3とキープする。
1つブレークポイントがあったが。これを逃れたのが大きい。
完璧ではなくても取れればいい。

そうしていくと、あの絶好調のベルダスコのショットも決まらなくなる。

第2セットを6-4で取り返す。
よくあの状況からこのセットを取るまでに来た!
目の肥えたローランギャロスの観客は錦織圭のテニスそして凄さに魅了されていく。

「段々と自信がつきだし、前に入っていけるようになった。
攻略法が見つかった。」と錦織は言う。

1/2ページ

最終更新:6/6(火) 13:06
TENNIS.JP