ここから本文です

GRAPEVINE・田中の選曲「梅雨入り前のドライブプレイリスト」とは?

6/6(火) 11:30配信

TOKYO FM+

6月7日にニューシングル「Arma」をリリースするGRAPEVINEから、ボーカル・ギターの田中和将さんが、TOKYO FMの番組に出演。「梅雨入り前のドライブプレイリスト」3曲を紹介してくれました。

アーティストやクリエイターが普段どんな曲をどんなときに聴いているのか、覗き聴きしていく「LISTEN! MY PLAYLIST」のコーナー。この日は今年デビュー20周年を迎えたGRAPEVINEから、ボーカル・ギターの田中和将さんが出演。梅雨を吹き飛ばすような気分になれたり、しっとりと梅雨を楽しむこともできる「梅雨入り前のドライブ」にぴったりなプレイリストを選んでいただきました。

◆「Set Me Free」(The Kinks)
「The Kinksは60年代のイギリスのバンドなんですが、僕、すごい好きでして。ブリティッシュビートのブームの中でもThe Kinksは個性的な曲が多いんです。リフが主体の曲も多いんですけど、なんかね、ちょっと変なんですよね、コード使いとかハーモニーとかが。そこがとっても格好良くて大好きです」

◆「氷雨月のスケッチ」(はっぴいえんど)
「はっぴいえんどに関しては、もう日本のスタンダードとも言いますか、みなさん聴いてらっしゃるもんだと思って選曲したりもするんですけど、なかなかこの曲を持ってくるのは渋いんじゃないかなと自分でも思っております。クルマの中でひとりの時間を過ごすとき、雨がウインドウに当たりながらドライブしている感じが、この曲と非常にマッチしてるんじゃないかなと思います」

◆「Whisky Train」(Procol Harum)
「プロコル・ハルムって案外『青い影』しか知られてないんじゃないかと思うんですが、このバンドも60年代から70年代のバンドです。『青い影』は超有名なオルガンの音色が印象的な曲ですが、その印象じゃないんですよね、バンド自体は。プログレッシヴだったり、ブルースとかサイケだったり。この曲はなかなかハードなギターが印象的で、こういう曲もあるんだよと選ばせてもらいました。この曲で梅雨を吹き飛ばしてみてはいかがでしょうか」


GRAPEVINEは、今年でデビュー20周年! 6月7日にはニューシングル「Arma」を発売。この夏はFUJI ROCK FESTIVALなどのフェスにも精力的に出演が予定されています。詳しくは、GRAPEVINEのオフィシャルサイトをご確認ください。

(TOKYO FM/FM OH! の音楽ワイド番組「LOVE CONNECTION」のコーナー「LISTEN! MY PLAYLIST」6月5日放送より)

最終更新:6/6(火) 11:30
TOKYO FM+