ここから本文です

ジェイク・ギレンホールが第2次世界大戦の実話映画に主演

6/6(火) 14:00配信

ぴあ映画生活

ジェイク・ギレンホールが実話映画『The Lost Airman』に主演することになった。プロデューサーも兼任する。

同名の伝記本を映画化するもので、ギレンホールが演じるのは、第2次世界大戦に従軍したアーサー・メイロウィッツ。 自分が乗る飛行機を撃ち落とされ、フランスの田舎に身を隠したメイロウィッツは、フランスの反乱グループの創設者と知り合う。メイロウィッツは彼らやイギリス軍の戦闘パイロットの協力によって、無事を得ることになる。

ギレンホールの次回作は、Netflixで配信される『Okja』。秋には、ボストンマラソン爆弾テロ事件を描く『Stronger』の北米公開が控える。また、ポール・ダノが監督する『Wildlife』も撮り終えている。

文=猿渡由紀

最終更新:6/6(火) 14:00
ぴあ映画生活