ここから本文です

BHP・マッケンジーCEO、日本との関係を重視

6/6(火) 12:11配信

日刊産業新聞

 豪資源大手のBHPビリトンのアンドリュー・マッケンジーCEOは5日都内で会見し、日本との関係を今後も重視する考えを示した。一国で需要家、合弁相手、資機材などサプライヤーと多面的な関係を築いている点で日本は特別であり、極めて強固なパートナーと指摘。国別で3位、原油を除く分野で2位の顧客の日本は長期的に重要な存在であり続け、鉄鉱石、原料炭などの操業の生産性改善、コスト削減などの恩恵を今後も受けることになると述べた。

最終更新:6/6(火) 12:11
日刊産業新聞