ここから本文です

岡村恭香、林恵里奈、小堀桃子ら8人が予選を突破 [有明/女子テニス]

6/6(火) 1:00配信

THE TENNIS DAILY

「橋本総業 東京有明国際オープン」(東京都江東区・有明テニスの森公園コート/本戦6月6~11日/賞金総額2.5万ドル/ハードコート)の予選2日目は、シングルス予選決勝とダブルス予選が行われた。

19歳の清水綾乃が波形純理との日本人対決を制し、2.5万ドル大会初優勝 [軽井沢国際女子]

 シングルス予選は32ドローで争われ、第1シードの岡村恭香(ストライプインターナショナル)、第2シードの林恵里奈(福井県体育協会)、第3シードの小堀桃子(橋本総業ホールディングス)、第4シードのリー・ペイチー(台湾)、第6シードのタミ・パターソン(オーストラリア)、第7シードのオリビア・チャンドラムリア(オーストラリア)、第8シードの牛島里咲(筑波大学)、第13シードの藤原里華(北日本物産)の8人が予選突破を果たした。

 ダブルスでは、加治遥(島津製作所)/二宮真琴(橋本総業ホールディングス)と力石優衣(日本大学)/園田彩乃(自由ガ丘インターナショナルテニスカレッジ)が本戦入りを決めている。

 6月6日(火)から本戦がスタートする。初日は10時00分から、シングルス1回戦7試合とダブルス1回戦6試合が予定されている。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

     ◇   ◇   ◇

【シングルス予選決勝】

◯1岡村恭香(ストライプインターナショナル)[1] 6-1 6-1 ●4加藤慧(日本大学)[16]

◯5林恵里奈(福井県体育協会)[2] 7-5 6-1 ●8ジャン・ユーシャン(中国)[9]

◯9小堀桃子(橋本総業ホールディングス)[3] 6-1 6-1 ●12クァンヤウ・ン(香港)[15]

◯13リー・ペイチー(台湾)[4] 6-4 6-2 ●16華谷和生(Ravie Court)[10]

◯20藤原里華(北日本物産)[13] 6-3 6-2 ●17村松千裕(グラムスリー)[5]

◯21タミ・パターソン(オーストラリア)[6] 6-7(5) 6-2 6-3 ●24ユキ クリスティーナ・チャン(アメリカ)[11]

◯25オリビア・チャンドラムリア(オーストラリア)[7] 6-4 6-0 ●28ジェシー・ロンピス(インドネシア)[14]

◯29牛島里咲(筑波大学)[8] 6-4 6-4 ●32小関みちか(フリー)[12]

--------------------

【ダブルス予選】

◯2力石優衣/園田彩乃(日本大学/自由ガ丘インターナショナルテニスカレッジ)[WC] 5-7 7-6(2) [13-11] ●1華谷和生/キム・ナリ(Ravie Court/韓国)[1]

◯3加治遥/二宮真琴(島津製作所/橋本総業ホールディングス)[2] 6-1 6-2 ●4ルー・ジアシー/小関みちか(中国/フリー)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:6/6(火) 1:00
THE TENNIS DAILY